topics topics トピックス

ブルゴーニュ・ワインの特徴、ボルドーとの違いは?
  • LINE

ブルゴーニュワインと言えば、ボルドーワインと並んで、フランス産ワインの代表格です。日本でも非常に有名で、ワイン屋さんに行けばたくさんの種類を見つけることができます。

とはいえ、その売られている種類を比べると、やはりボルドーの方が多いと感じられるのではないでしょうか。

それはなぜなのか、ブルゴーニュワインの特徴や、ボルドーワインとの違いはどのような点なのか、どちらが自分の好みに合いそうか、見てみましょう。



■ブルゴーニュとボルドーは地名


まず、ボルドーとブルゴーニュは、それぞれの地名です。その地域でつくられたワインを、ブルゴーニュ・ワイン、ボルドー・ワインと呼びます。

ブルゴーニュ地方はフランスの東側に位置します。スイスに近い、山側の地域です。そのため、内陸に特徴的な、夏は暑く冬は寒い気候になります。

それに対して、ボルドー地方はフランスの南西、地中海に近いところにあります。ブルゴーニュに比べると、比較的温暖な気候です。



■ブルゴーニュとボルドーの基本的な性格


ブルゴーニュ・ワインは柔らかくエレガントな雰囲気で女性的、ボルドー・ワインは重厚でしっかりした印象で男性的と言われます。

これだけで好みが分かれる部分もあるかと思いますが、どちらも複雑な味わいが楽しめるワインであることには変わりありません。



■生産量はボルドーの方が多い


ブルゴーニュとボルドー、どちらも多くのワインをつくっていますが、総生産量を比べると、ボルドーがブルゴーニュの2倍ほどになります。そのため、ボルドー・ワインの方がよく見かけるというイメージがあるかもしれません。

ボルドー地方では、畑ごとに異なる品種のブドウを大規模に生産して、それらをブレンドしてワインをつくります。そのため生産量が増えるとともに、複数の品種のブドウが調和して形成する複雑な味わいが楽しめるワインになります。


また、ボルドー地方では、白ワインにはセミヨンやソーヴィニョン・ブラン、赤ワインにはカベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン、メルローなどの品種が用いられます。これらが比較的濃厚な味わいになる品種なのが、男性的と言われる理由です。



■ブルゴーニュは小規模単一生産


複数の品種のブドウをブレンドしてつくるボルドーに対して、ブルゴーニュ・ワインは白ならシャルドネ(一部の地区ではアリゴテ)、赤ならピノ・ノワール(ボージョレはガメイ)のみを使い、ブレンドはしません。

また、生産者も比較的小規模なことが多く、所持している畑でのブドウ生産からワインづくりまで一貫して行います。そのため、素材の味や畑の良さがダイレクトにワインの味を左右すると言われます。

どこでどのように作ったかが明確なので、最高の土壌を持つ畑のブドウで、最大限丁寧につくられたワインである、などということも分かりやすくなります。これが、ロマネ・コンティなどのブルゴーニュワインの一部が非常に高価になる理由のひとつでもあります。


ブルゴーニュ・ワインで使用されるブドウ品種は、比較的軽く爽やかな酸味が特徴です。女性的なエレガントなワインであると言われるのは、このためでもあります。




■気分やシチュエーションによって飲み比べ


渋味が少なく香り高いブルゴーニュワイン。

重厚で複雑なコクを持つボルドーワイン。

性格が異なる2つのワインなので、好みがはっきり分かれるという方もいるでしょう。ただ、だからと言ってどちらかしか飲まないと決めてしまうのは非常にもったいないことです。

ぜひ、その日のお料理や、時には気分によって、ブルゴーニュワインとボルドーワインを使い分け、選んでみてください。