topics topics トピックス

実は幅広いアメリカワインの特徴
  • LINE

アメリカは、フランス、イタリア、スペインに次いで世界第4位の生産量を誇るワイン大国です。
広大な土地でワインを作っていますが、実はその90%はカリフォルニア州で作られています。


カリフォルニア州は、太平洋からの冷たい空気のおかげで、州の中でも地域ごとに寒暖差が生じています。そのため、一つの州にもかかわらず、寒いところでしかうまく栽培できないドイツ系のブドウ品種から、反対に暑いところを好むイタリア系の品種まで、実に多種多様なブドウからワインを作っています。

中でも、高級ワイン産地として名高いのがナパ・ヴァレーです。
カベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネなど、フランス系のブドウ品種から素晴らしいワインを生み出しています。

特に、日本でも有名な「オーパス・ワン」というワインは、このナパ・ヴァレーのワインの実力を世界に知らしめました。カリフォルニアワインではダントツ人気No.1。今でも価格は高騰し続けているため、なかなか手が出せないワインとなってしまいました。
でも、他にも美味しいナパ・ヴァレーのワインはたくさんありますので、安心してくださいね。

近年、このナパ・ヴァレーと同じくらい注目されるようになったアメリカのワイン生産地が、オレゴン州、ワシントン州、ニューヨーク州です。
ナパ・ヴァレーは大手ワイン会社が資本投下して大規模なワイン作りをしているところが多いのですが、今挙げた3つの州は、家族経営などの小規模なワイン生産者が多く、大手には真似できないこだわり抜いたワイン作りを行っています。
オレゴン州ではピノ・ノワールというブドウから非常に素晴らしい赤ワインが生まれています。

これらの3州のワインは、国際的にも競争力のある高品質ワインが多く、現在では世界中から注目されています。
アメリカワインの入門編はナパ・ヴァレーのワイン、次に、この3州のワインに進んでみるのがおすすめです。